動物園のゴールデンタイムとは!

天王寺動物園のゴールデンタイムとは!

2006年9月に天王寺動物園はアフリカサバンナゾーンを完成させるなど、改装を行ないました。動物が生息する環境を再現する生態展示のほかにも、キリンやシマウマ、ゾウなどを同一の放し飼い場で管理するといった混合管理を取り入れています。この手法は、北海道の旭山動物園が有名となった『行動展示』とはまったく対極にある展示方法なんです。
さて、動物には生活リズムというものがあります。これを理解しないまま動物園に行くと「ライオンはいつも寝ているよ〜。呆」「カバはじっとしているだけで動かないの?怒」なんて事になるんです。
それでは動物園の中の動物達が一番イキイキとして、よく遊んでいる時間帯とは何時頃なんでしょうか!?このゴールデンタイムさえ知っていれば、とても楽しい動物園を楽しむことができるでしょう。そのゴールデンタイムとは?「・・・開園直後です!」
檻から解き放たれた動物達が一番開放的になる「開園直後」が、ライオンやカバ達がイキイキと動き回る時間帯です。ぜひ、開園待ちをして臨んでください。

Copyright © 2006 天王寺動物園を100倍楽しんだ方法!. All rights reserved