天王寺動物園について

天王寺動物園についての歴史

天王寺動物園は、日本で3番目の動物園として大正4年(1915年)1月に開園されました。それ以来、大阪市民のレクリエーションや教養・学習の場として親しまれてきました。遠足の場所としても多く採用されています。
天王寺動物園の開園当時と比べるとその敷地面積も増加し、現在では約11ヘクタールの園内におよそ230種1,000点の動物が飼育されています。
天王寺動物園では、「生態的展示」を導入しています。動物の生息地の環境を可能な限り再現を進めています。平成7年(1995年)に爬虫類生態館「アイファー」がオープンしたのを手始めに、カバ舎、サイ舎、アフリカサバンナ区草食動物ゾーン、アジアの熱帯雨林ゾーン・ゾウ舎などが次々とオープンしました。さらに平成18年9月には、アフリカサバンナ区肉食動物ゾーンがオープンし、上記、カバ舎、サイ舎、アフリカサバンナ区草食動物ゾーンと合わせたアフリカサバンナゾーンが全面完成したのです。
土曜日曜祝日を中心に、飼育係が動物舎の中や前で動物の説明をするワンポイントガイドも「飼育係の生の声が聞ける」と喜ばれています。その他、動物に関するお話やガイドツアーなどさまざまなイベントを年間100回以上実施しています。

Copyright © 2006 天王寺動物園を100倍楽しんだ方法!. All rights reserved